メニュー

【今話題のAI搭載サービス】 AIアナリストをわかりやすく紹介!

2016年8月21日 - 人工知能

目次

1.概要

2.どんな機能があるの

3.AIアナリストの使い方

4.まとめ

 


 

1.概要

人工知能を利用したwebサービスの1つ、Web解析のAIアナリストを紹介します。AIアナリストは人工知能がサイトの改善点を指摘・提案してくれるアクセス解析補助ツールです。

具体的には、Googleアナリティクスによって取得したデータを抽出して解析し、人工知能がサイト改善を提案してくれます。煩雑なデータ整理を代行してくれるだけでなく、人工知能がサイトの改善点を考えてくれるのです。改善案を提示する時には、同時にそれによる改善効果の予測を出してくれます。これ以外にも、大きく分けて3つの機能が備わっています。

 

2.どんな機能があるの

A.サイトの改善提案

B.アクセス解析レポート

C.気になるページの調査

 

A.サイトの改善提案

先述したように、煩雑なアクセス解析データを分析してサイトの改善案を提示してくれる機能です。「機能紹介のページを見てくれるユーザーをもっと増やそう」のように、改善目的をわかりやすい言葉で説明してくれます。そして、その根拠となるデータと、これを改善した場合の効果予測を算出してくれます。

 

 

B.アクセス解析レポート

サイト全体の訪問数、CV数(CV:コンバージョン、サイトの目標のこと)、CV率について、前月との比較をレポートしてくれます。さらに、過去のデータを元に今後の予測値を算出してくれます。訪問数やCV数がこの予測値よりも大きく増減した場合、自動で報告してくれる機能もついています。

 

C.気になるページ調査

 調べたいページのURLを入力すると、人工知能がデータを集計してそのページの課題を提示してくれます。新しく作成した特集ページの貢献度をチェックしたり、改善したページの効果を検証したりすることが可能です。

 

 


 

3.AIアナリストの使い方

 AIアナリストはサイトで利用登録をすれば、基本機能を無料で使えます。法人・組織名、担当者名、メールアドレス、電話番号、パスワードを打ち込むだけで、上記の機能を利用することができます。

 

4.まとめ

 人工知能によるアクセス解析補助ツール、AIアナリストについて紹介しました。Googleアナリティクスによるアクセス解析データは膨大で、初心者は「どのデータを使えば良いの?」と混乱してしまうことも多いでしょう。人工知能がこれを代行してくれるAIアナリストを使って仕事の効率化を図ってみてはいかがでしょうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)